蕎麦をより美味しく食べるためのポイント

蕎麦をより美味しく食べるためのポイント

西湖には美味しいそば屋さんがたくさんあります。見晴らしのいいお店で美味しいそばを食べるのはとても幸せな時間になります。
その時間をもっと素敵なものにするために、そばをより美味しく食べるためのポイントを抑えておきましょう。

風味を楽しむ

そばを食べる時にはつゆに浸けて食べますが、その時につゆに浸けすぎないように注意をしましょう。つゆは基本的に味が濃く作られており、少量でも味が分かるようになっています。つゆに浸けすぎてしまうとそば本来の風味や味を楽しむことができなくなってしまいます。

つゆに浸けるのはそばの3分の1程度がベストと言われており、そばの風味とつゆの味がバランスよく楽しむことができます。そばの風味を一番感じたいと思われている方は、いただく前にそばだけを食べてみるのも楽しみ方の一つです。

すする

食事中にすすることがテーブルマナーとして許されているどころか、推奨されているのは世界的に見ても珍しく、日本独自の習慣だと言えます。

最近ではマナーが欧米や欧州寄りになってきており、すすらずにそばを食べる方がおられますが、そばは本来香りを楽しむものです。
すすることによって空気も一緒に取り込み、その空気が鼻孔を抜ける際にそばの香りを楽しむことができます。

もちろんあまり大きな音ですするのは下品に見られてしまいますが、節度を守ってすすることでより一層そばを美味しくいただくことができます。

薬味の入れ時

そばと一緒に運ばれることがほとんどの薬味などは、それぞれに入れるタイミングがあります。薬味は味を調整したい時に入れるもので、最初からすべて入れてしまうとつゆ本来の味が損なわれ、純粋な風味を楽しめなくなってしまいます。

つゆを楽しむにはまずは薬味を入れずに楽しみ、そこからネギなどの薬味を入れていきます。また、わさびはつゆに溶かしてしまうとその後の味が変わってしまうので少量を麺に乗せてからいただくとその後も好きな味を楽しむことができます。

西湖にあるお店に来ていただいて素敵な景色を見ながらせいろ鴨南蛮手打ちそば・天ぷらそばなどの美味しいそばを食べるのも素敵ですが、自宅にいながら落ち着いた空間でも美味しいそばを食べていただきたいという思いから、松扇では通販でのそばの販売も行っています。

気軽に自宅で西湖そばがいただけます。ぜひご利用ください。

Top