美肌効果のあるそば

美肌効果のあるそば

多くの日本人が昔から好んで食べてきた蕎麦には、美容に関することで良い効果を持っていることが分かりました。蕎麦の中には肌の健康を助けてくれる成分が豊富に含まれています。

そばに含まれる食物繊維

そばには「ヘミセルロース」という食物繊維が含まれており、その量はお米の約2倍以上だと言われております。

このヘミセルロースは実は糖の一種で、糖が数珠状に繋がっており、消化・吸収がされにくい形をしています。消化されない分、形状を維持したまま小腸や大腸までたどり着き、大腸壁を刺激して便通を促してくれます。

蕎麦を食べることでヘミセルロースを簡単に摂取することができます。便通を良くすることで、肌ストレスや吹き出物の悩みから解放されるかもしれません。

ビタミン様物質

ビタミンに似た働きをしてくれる「コリン」はビタミン様物質と呼ばれる成分です。コリンは体内に入るとアセチルコリンという神経伝達物質に変化し、そこから脂肪肝や動脈硬化を予防する働きをします。

コリンは他にも、肝臓の働きを助ける作用もあるとされています。
アルコールを摂取した後に蕎麦を食べるのは二日酔い防止に最適かもしれません。

また、生活習慣病の予防にも期待できます。生活習慣病で荒れてしまった肌をこれ以上荒れさせないためにもコリンは必要な成分だと言えます。

お米より豊富な物質

蕎麦には多くのビタミンB群が含まれているとされており、その量は実にお米の約4倍とも言われています。ビタミンB群はビタミンB1やビタミンB2、ナイアシンなどを総称する時に使われる呼び方です。

ビタミンB2には、肌や髪の毛を綺麗にする働きがあり、美容には欠かせない成分です。蕎麦には特にビタミンB1やB2が豊富に含まれており、ビタミンB1はむくみも解消してくれます。ナイアシンも代謝を高め、皮膚の健康にも役立ちます。

富士山を眺めることができる松扇は河口湖に近い場所でお店を営んでいます。せいろやかけそばなど、全て手打ちの麺を使っています。

きのこを使った蕎麦もあり、女性の方にも人気です。観光の途中で素敵な景色を眺めながら美味しい蕎麦を食べに来てください。

Top